スポンサードリンク

2031年07月25日

レスベラトロールの選び方1

レスベラトロールサプリメントを選ぶ際のチェックポイント


多くのメーカーからレスベラトロールサプリメントが販売されていますが、

どれが安全で効果的なのかがわかりにくい思います。


レスベラトロールサプリメントを選ぶ際には、

まず、

そのレスベラトロールが何を原材料にして製造されているのかを

確認する事が、安全性を見極める上で非常に重要なんです。



加えて、メーカーによっては、香料や防腐剤、ぞうねん剤など、

本来サプリメントの機能には不要な添加物を多用している物もありますので、

添加物の使用状況も確認して下さいね。



posted by k-resvera at 08:45| レスベラトロールの選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2031年07月24日

レスベラトロールの選び方2

レスベラトロール選び方

サプリメントには、「何を原材料にして製造しているのか」がわかるように、
必ずラベルやパッケージに「原材料」という表示があります。

この表示を確認し、原材料に何を使用しているのかを見極めましょう。


イタドリの根を原料としていない事。

イタドリの根は医薬品原料なので、ここから抽出されたレスベラトロールは、

日本では販売する事が出来ません。


又、イタドリには、エモジンという成分が含まれており、

摂りすぎると下痢などを招く恐れがあります。


出来れば、食経験が豊富な「ぶどう」原料が良いでしょう。


ぶどうは、これまでの長い食経験から、安全である事が既に分かっている食品です。

又、ぶどうにはレスベラトロール以外のポリフェノールも多く含んでいる為、

動脈硬化などの予防も同時に期待出来ます。


ただし、ぶどうを原料としていても、食経験のない「初芽」や「ツル」を

原料としているサプリメントは、安全性が不明瞭なので、出来れば避けた方が良いでしょう。

抽出方法が明確な物を選びましょう。


サプリメントを作る際には、原料からレスベラトロールを抽出する必要があります。
このときに、アセトンという有機溶剤を使っている物が多々あります。

アセトンで抽出を行うと、下記の問題点があります。

●食品衛生法で、国内のサプリメントはアセトン抽出が認められていない。

●水に溶けない吸収性の悪いレスベラトロールの量が多くなる。

以上の事から、「水やエタノール」で抽出した事がきちと明記されている
レスベラトロールのサプリメントを選びましょう。

「本当」の含有量を見極めましょう。

皆さんは、下記のどちらのサプリメントを選びますか?

●赤ワイン粉末150mg配合
●レスベラトロール10mg配合

150mg配合と記載してある方が沢山摂れるように思えます。


しかし、あくまで赤ワイン粉末が150mgであって、レスベラトロールが150mg摂れるわけではありませんので、注意が必要です。

ですから、含有量が明確なレスベラトロール10mgを選ぶようにしましょう。


このように、消費者を惑わすようなサプリメントもありますので、

レスベラトロールがどれくらい含まれているのかをしっかりと確認する事が大事です。

出来れば、不要な添加物を使っていない事。


レスベラトロールをサプリメントで摂取される方は、毎日、長い期間、

摂り続ける方が多いかと思います。


ですから、添加物が多い製品を選んでしまうと、毎日長期間、

添加物を摂取する事になってしまうので、出来るだけ、不要な添加物を

使っていない物を選ぶようにしましょう。



(一般的に多く使用される添加物)

●でんぷん→見た目の内容量を多く見せる。
●ショ糖脂肪酸エステル→乳化剤、製造・加工性を高める。
●二酸化ケイ素→凝固剤、コーティング剤


添加物は、厚生労働省が認可しているので、

過剰に神経質にならなくても良いと思いますが、

あえて添加物が入っているものを選ぶ必要はないと思います。

まとめ

●イタドリを使用していない原材料であること。

●ぶどうの皮や実を原材料にしていること。

●水やエタノールで抽出されていること。

●レスベラトロールの含有量が明確であること。

●不要な添加物を使用していないこと。


以上、参考にして頂ければ幸いです。

そして、

純国産レスベラトロールサプリメントの最高峰はこちらです。







posted by k-resvera at 09:01| レスベラトロールの選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。